| ホーム | 電子納品 代行 | 電子納品ソフト販売 | 電子入札サポート | データ復旧サービス | 会社概要 | Link| 
 
 電子納品 代行サービス − 作業料金 − 電子納品 Q&A
費用につきましては作業料金をご覧下さい。作業料金は、標準的な単価を示しております。ユーザー様のご予算にあわせた提案をさせて頂いております。資料にやりとりは、メール・宅配便などを使用することも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。 
フリーダイヤル 0120−968−640(クロウハムヨオ)
まで。
また電子納品ソフトにつきましてもご紹介しております。
 
 ■ なぜ今、電子納品
建設施工業界では国土交通省がCALS/ECの一環として掲げる「電子要領(案)」に呼応する形で、施工業務の各段階における最終成果物を電子データで納品する動きが加速しています。業務効率の向上やペーパーレス化がその主な狙いです。
 ■ 電子納品は複雑
業務効率の向上やペーパーレス化が主な狙いの電子納品ですが、ただ単に電子データを納品すればよいというものではありません。基準となる電子納品要領(案)・電子納品の基準(案)・電子納品のガイドライン(案)にもとづいて作成する必要があるのです。

ガイドラインは非常に細かく設定されており作業着手時から電子納品を意識して進める事が求められます。

その中でもルールが特に細かいのが、CADデータに関する事です。納品するCADデータは「CAD製図基準(案)」に準拠させなければいけません。

レイヤー名の区分の仕方・付け方線種・文字に関する事、従来頻繁に使用していたハッチングの用い方までも注意をする必要があります。付け焼き刃でどうにかなるレベルではないのです。

国土交通省 電子納品に関する基準など
兵庫県 電子納品に関する基準など
大阪府 電子納品に関する基準など
その他地域の電子納品基準等リンク(ピースネット)
 ■ 電子納品には2つの知識が必要
現在では電子納品代行する業者が増えてきました。弊社もその中の1社ですが・・・。
しかし、電子納品には非常に難解複雑なルールに沿って作成する必要があります。この条件をクリアするにはデータを電子化するという知識だけではスキル不足なのです。

一般にCADが扱えると言っても”レイヤー変更が出来る・ハッチングが出来る”というのと、
”図面に書かれた内容を把握し随所適切に対応する”のとでは、成果に大きな差が生じます。
電子納品代行をするには、
データを電子化する知識測量・土木設計・施工の知識、この2つの知識が必要不可欠なのです。
「電子納品業者に依頼したが、1〜10まで情報を記入させられ自分で電子成果品を作るのと変わらない」では依頼した意味がありません。
弊社では、電子納品代行サービス以外にも、測量・土木設計サービスもさせて頂いておりますので、安心してご依頼いただけます


(実績)
国土交通省各地方整備局、工事事務所
国土交通省営繕
兵庫県
姫路市
など

国土交通省 電子納品に関する基準など
兵庫県 電子納品に関する基準など
大阪府 電子納品に関する基準など
その他地域の電子納品基準等リンク(ピースネット)
>>> 詳しい内容、カタログ・資料請求、ご質問等はコチラまで
 ■ 作業概要
・電子納品成果物の作成
(国土交通省、兵庫県など各自治体)

・電子納品媒体の作成

・電子納品の協議などに関するサポート
(必要であれば、協議打合せに同行致します。)

・PDFデータ作成

・紙データのスキャニング

・CAD図面の作成・SXF変換

>>> 詳しい内容、カタログ・資料請求、ご質問等はコチラまで
納品対象書類・フォルダ構成(例:国土交通省工事)
(1) 発注図面(変更図面含む)
(2) 特記仕様書 工事数量総括表
(3) 工事打ち合わせ簿
(4) 施工計画書
(5) 完成図面
(6) 完成図面(オリジナルファイル)
(7) 工事写真書類
(8) 段階確認書
(9) 工事履行報告書
(10) その他・オリジナルファイル


| ホーム | 電子納品 代行 | 電子納品ソフト販売 | 電子入札サポート | データ復旧サービス | 会社概要 |  Link |
Copyright 2006, 株式会社 ダイチ All rights reserved.